マイホームを注文住宅で建てたい方必見!予算の立て方や依頼先の選び方などの基礎知識

このサイトではマイホームを注文住宅で建てたい方に向けて、予算の立て方や依頼先の選び方など知っておきたい基礎知識をご紹介しています。
家づくりをする上で予算内で家を建てるということは、安定した生活を送るためにも大切なことです。
建てた後に支払いが負担になってしまったり、支払えなくなるようなことになっては困ります。
反対に費用を抑えすぎてもっと予算をかけても良かったと後悔することのないように役立つ内容をお届けします。

マイホームを注文住宅で建てたい方必見!予算の立て方や依頼先の選び方などの基礎知識

注文住宅の基礎知識としてはじめに知っておきたい予算の立て方ですが、注文住宅の大体の相場を把握したら、頭金をどれだけ用意できるのか、住宅ローン借入は可能額はどれくらいなのか、借入金額に対して収入から毎月いくら返済できるのか計算します。
子育て中であれば子供の教育にもお金がかかるため、無理のない範囲で支払い計画を立てることが大切です。
しかし費用を抑えるほど注文住宅の完成後の満足度が十分でないことも考えられます。
バランスを見ながら検討すると良いでしょう。

そもそもマイホームを注文住宅で建てるメリット・デメリットとは?

マイホームを注文住宅で建てるメリットは、自分好みの家にすることができる、グレードの高い設備を導入できる、生活しやすい空間を作ることができるという点になります。
建売の場合はすでに間取りや設備が決まってしまっていますが、注文住宅は一から考えていくので、好みのものを用意したり予算に合わせて設備を選んだりすることが可能です。
間取りも考えることができることから満足度が高く、たとえ失敗したと感じたとしても自分でしっかりと考えた分あきらめもつきやすくなります。
注文住宅のデメリットは、資金面で高くなる傾向があること、工期が長くなることがあげられます。
自分の思い描く住宅になるため建売に比べると費用は高くなります。
外観にもこだわることが多いためその費用もかかり、しっかりと予算を立てておかないとオーバーしてしまいます。
さらに工期も長めであるので、子供がいる場合は時期を見極めないと転居したい時期に間に合わない可能性があります。

注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーの2種類がある

注文住宅には、2種類のオーダー方法があると言われています。
1つがフルオーダーと呼ばれるものになるわけですが、これは完全に自分たちで設計ができるというのが特徴です。
例えばトイレの位置だけでなく、部屋をいくつにしたいのかそしてリビングの大きさをどのようにしたいのかといったことも出てきます。
最近は、キッチンをリビングの真ん中に置くケースもありますが、このようなことも法律の制限の範囲内ならば行って問題がありません。
これに対して、注文住宅でもフルオーダーではなくセミオーダーと呼ばれる種類があるわけです。
このやり方は、ある程度設計が決まっておりそこに自分たちで細かい設計をしていくのが特徴です。
つまり大枠は決まっていますが、その範囲内ならば自由に形を変えることができると言うことになります。
ハウスメーカーなどで多い傾向がこのセミオーダーと呼ばれるもので、ブランドを所有している会社に多い傾向でしょう。
どちらが良いかは、よく話し合って決めることが大事になります。

注文住宅が完成するまでの流れを把握しておこう!

住まいを買うときには、プラン選びとマネープランの構築を同時に進める必要があります。
特に予算内で住まいを新築するためには、事前に住宅ローンの借り入れや返済についての情報を集めることが重要です。
そして間取りにこだわった注文住宅の新築では、ハウスメーカーや設計と施工の担当者との打ち合わせの時間も長くなります。
特に家づくりの流れをスムーズにするためには、施主と設計担当者との対話をしっかりを行うことが肝心です。
注文住宅のコンセプトが明確になった後で、工事に向けた準備をするのが次のステップです。
独自設計の注文住宅の建築では様々な場面が想定できますが、建て替えの場合には事前に解体をする必要があります。
建物の取り壊し方住まいの新築までを一貫して行う会社を活用すると、スピーディーに工事を進められます。
建物が完成したときには、引渡し前に施工会社と施主が内部を調べます。
チェックの結果として問題がない時には、無事に引き渡しが行われます。

注文住宅の工期は依頼先で変わる!

注文住宅の工期は依頼先によって変化しますが、大手のハウスメーカーならば3か月から4か月と比較的短めです。
ハウスメーカーはテレビCMやネット広告などで積極的なアピールを行っており、消費者の認知度が高いという特徴があります。
大手や中堅のハウスメーカーは独自の製品を扱っているのが通常で、建築資材を工場などで加工し現場で素早く組み立てることができます。
鉄筋コンクリートなど特殊な工法の場合は工期が長くなりますが、一般的には3か月から4か月とされています。
地域に密着した経営を行っている工務店は、工場で建築資材を大量生産するハウスメーカーと異なり現場で加工を行うため4か月から5か月ほどかかります。
完成までに時間がかかるものの、施主の要望に従って丁寧な仕事を行ってくれます。
設計事務所で注文住宅を建てる場合は、間取りなどの設計が完全にオリジナルなものになるのが通常です。
規格品を組み立てることができないため完成まで5か月から6か月ほどかかります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基礎知識

このサイトではマイホームを注文住宅で建てたい方に向けて、予算の立て方や依頼先の選び方など知っておきたい基礎知識をご紹介しています。
家づくりをする上で予算内で家を建てるということは、安定した生活を送るためにも大切なことです。
建てた後に支払いが負担になってしまったり、支払えなくなるようなことになっては困ります。
反対に費用を抑えすぎてもっと予算をかけても良かったと後悔することのないように役立つ内容をお届けします。

Search